« 英政府、温暖化ガス2割削減は困難 | トップページ | スパイウエア?“浮気検出ソフト”? »

2006年4月 3日 (月)

ノキア、低価格の携帯電話3機種を中国で発表

>フィンランドの通信機器大手ノキアは30日、新たに低価格の携帯電話3機種を発表した。新興国市場での新規顧客獲得を目指す中、発表の場には中国を選んだ。  

>新機種はノキア「1112」、「2310」、「2610」で、いずれも4―6月期に販売開始の見込みという。  同社携帯電話部門の新興国市場担当責任者であるソレン・ピーターセン氏は、3機種のうち「1112」が最も売れ筋の商品になるとの予想を示した。  

>小売価格は「1112」が45ユーロ(54米ドル、補助金や税を含まず)、電子メール機能をサポートする「2610」が75ユーロ、FMラジオ付きの「2310」が65ユーロ程度になる公算という。 ロイター.

一番安い機種の「1112」は6400円ほどで電話のみの機種(メールもなし)みたいですね。メールがないと不便なようですが、中国の場合固定電話の代わりにもたれるケースが多いようですから「電話のみで安い機種」がありがたいのかもしれません。

メールつきが1万円ちょい、メールなしでラジオつきが9200円ほどですから、メールつきは高級機種ということになりますね。

|

« 英政府、温暖化ガス2割削減は困難 | トップページ | スパイウエア?“浮気検出ソフト”? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノキア、低価格の携帯電話3機種を中国で発表:

« 英政府、温暖化ガス2割削減は困難 | トップページ | スパイウエア?“浮気検出ソフト”? »