« ノキア、低価格の携帯電話3機種を中国で発表 | トップページ | 桜写真集・飯田橋 »

2006年4月 3日 (月)

スパイウエア?“浮気検出ソフト”?

>フィンランドF-Secureは,Symbian OS搭載の携帯電話で動作して,通話やSMS(ショート・メッセージ・サービス)の履歴情報を外部へ送信するプログラム「Flexispy.A」を確認したと発表した。同プログラムは「FlexiSPY」という名称で,ある企業が販売している。

>F-Secureでは同プログラムを悪質なソフトウエア(malware)の一種としているが,販売企業では「夫(妻)の浮気を突き止める有用なツール」と主張しているという。  

>FlexiSPYはインストールされると携帯電話のユーザーには分からないように動作し,通話やSMSの履歴情報をFlexiSPYの販売企業が運用するサーバーへ送信する。SMSについては,やり取りしたメッセージ内容も送信される。FlexiSPYの購入者は,インターネット経由で同サーバーへアクセスして,履歴情報を閲覧できる。  

>FlexiSPYを販売している企業では,同プログラムを“有用なツール”としているが,F-Secureでは以下の理由から,悪質なソフトウエア(トロイの木馬)に分類し,同社セキュリティ・ソフトの検出・駆除対象にしている。
  (1)インストールされる際に,そのプログラムがどういったものか携帯電話ユーザーに表示しない,
  (2)携帯電話ユーザーには分からないように動作する,
  (3)パスコードを知らないと,プログラムをアンインストールできない
     (FlexiSPYの購入者にはパスコードが教えられる)。  

「スパイウエアか“浮気検出ソフト”か」---携帯電話から通話記録を盗むプログラム:ITpro.

「FlexiSPY」をインストールされると携帯使用者が気づかないうちに通話履歴やショートメッセージの内容がソフトの販売会社とソフトの購入者に知られてしまう仕組みになっています。ソフトの名前からしてスパイソフトですが、浮気の発見に使えるほか、企業の顧客情報や取引内容なども筒抜けになりますので、検出・駆除の対象とするのは妥当でしょう。

今のところSymbian OS(主に海外の携帯に搭載)で動くソフトですが、そのうちリナックス版も出て、日本でも問題になるようになるかもしれません。

|

« ノキア、低価格の携帯電話3機種を中国で発表 | トップページ | 桜写真集・飯田橋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スパイウエア?“浮気検出ソフト”?:

» XP環境でハードディスクを守る方法 [ネット犯罪を斬る]
大手旅行会社の元ヨーロッパ担当トップが海外旅行者のために知って得し、行って自慢できる情報をお届けします。 ネットや携帯利用にまつわる犯罪の手口。 迷惑メールとスパイウエアに対する防御対策および商品選びの情報発信。 [続きを読む]

受信: 2006年4月 9日 (日) 20時17分

« ノキア、低価格の携帯電話3機種を中国で発表 | トップページ | 桜写真集・飯田橋 »